結婚情報サービス会社について~結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚情報サービス会社について

結婚情報サービス会社では、会員登録した男女の性格や趣味嗜好、生活者としての経済的自立をコンピューターを利用して分析し、最もマッチする条件の異性会員を月に数人紹介する。次に異性会員とデートをして、気が合えば婚約して結婚へと至る。ある程度マッチする条件の異性会員を集めてパーティ形式でお見合いの場を設定するケースもある。カウンセラー役のアドバイザーが、異性会員との交際についての相談に乗ってくれるサービスも行なっている。高額なコースになるほど紹介される異性会員の数が増えるようになっている。結婚情報サービス会社は、昭和の後期に登場した。先駆けは、すでに倒産してしまったが「アルトマン」である。少子化などの影響から、経済産業省や厚生労働省などの官庁が、前向きにこの業種の整備と拡充を目指し始めている。代表的企業には、老舗のオーエムエムジーや、イオングループのツヴァイ、そしてサンマリエ(サンマークライブクリエーション)などがある。90年には業界の健全な発展と信頼性の向上を図る目的で、結婚情報サービス協議会(MSC)という業界団体が設立され、着々と国の認可産業へのルートを歩んでいる。現在は、インターネット上で、結婚情報サービスや、お見合いサービスを提供するところが増えてきた。エキサイトとヤフージャパンが二大巨頭”だ。エキサイトの『エキサイト恋愛結婚』は、03年0月の開始以来、累計で6万4000人という正会員数の多さがウリ。ヤフージャパンは、ブライダルネットという00%子会社の結婚情報サービス会社による『ヤフー縁結び』で、サービスを展開している。どちらも料金が月額で数千円程度と、従来の結婚情報サービス業者に登録するよりも格安なことと、いわゆる出会い系サービスとは一線を圓した信用力に基づく会員募集を行なっていることが支持されているようだ。
一つにくくりきれない業界ブライダル
わが国の婚礼文化のはじまり
お色直しの歴史
大正天皇のご成婚から神前式
帝国ホテルで始まったホテルウェディング
教会式結婚式のはじまり
ウエディングドレスの発祥
結婚費用はどれくらい必要か
早婚・晩婚の2極化
結婚しない女性が増えるとどうなるか?
ジミ婚・デキ婚が与える影響
デキ婚が生んだ披露宴離れ
今の旬はオリジナルウェディング
ブライダル業界の産業構造
結婚式場としてのホテルの役割
結婚式場の役割
公共会館での結婚式について
結婚式プロデュース会社について
ハウスウェディング系企業について
結婚式においてのレストランの役割
海外ウェディングサービスについて
結婚情報サービス会社について
結婚式和装メーカー
婚礼衣装店について
結婚式としてのフラワーショップ
結婚式貴金属店について
結婚式においてのヘアメイク・エステサロン
ドレスを美しく着こなすためのボディケアとして利用
結婚式の写真・映像サービス
結婚式の引き出物演出小物業者
新婚旅行会社・代理店
新婚に役立つ家具・寝具メーカ
結婚式場を対象とするさまざまな業種
婚礼施設を手がける設計・建築業者
ウエディングプランナーの派遣業者
ブライダル業界の代表的企業
ハウスウェディングを一般語にした企業
ワタベウェディングについて
婚礼の藤田観光グループ
ハウスウェディングのパイオニア企業
ウェディング再生事業
ウェディングのトレンドを作った企業
ウェディングのポジティブ・ドリーム・パーソンズ
結婚式事業のメモリードグループ
日本初の総合結婚式場の明治記念館
ブライダルフェアとはなにか
日本最大のウェディング情報誌ゼクシィ
ブライダル産業新聞
ウェディングのインターネット広告
ウェディング業界向けセミナー
ブライダル業界の団体組織について
全国に広がるブライダルスクール
ブライダルスクールと専門学校の違い
ブライダル業界の主な資格
ウエディングプランナーという業種について
ウェディングスタイリストについて
結婚式料理人
結婚式のバンケットサービス
ブライダルヘアメイクコーディネーター
ブライダルフローリスト
結婚式の音響照明スタッフ
披露宴の司会者について
結婚式の介添えさんについて
進む結婚式の海外進出
海外ウェディングは
これから成長が望めるリゾートウエディング
ブライダル業界を襲う「2007年」問題
結婚式の和装復活の流れ
町興しウェディングイベント
ブライダルカフェというニュースメディア
花嫁ブログが起こすイノベーション
結婚式の持ち込み料への対応