婚礼衣装店について~結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚式情報のヴェルジェウェディング

婚礼衣装店について

カップルの大半がチャペルで挙式する時代、新婦が洋装のウェディングドレスを着用する割合はきわめて高い。ウェディングドレスには、挙式用の白ドレス(Wドレス)と、色直し用の色ドレス(カクテルドレス)がある。最近は、一生で一度しか着られないこと、また他の女性ゲストは白系の衣裳を着用できないことなどから、デザインの違う白ドレスを2着選んで着る。白いお色直し々も見られるようになってきた。婚礼衣裳店(ドレスショップ)では、レンタル(貸衣裳)とセル(販売)の2タイプを用意している。白ドレスの8割、色ドレスの9割がレンタルという。この点は、母や祖母のおさがりを着る風習のある欧米とは異なる。セルドレスには、オートクチュール(オーダーメイド)、セミオーダーメイド、プレタクチュール、プレタポルテ(既製服)の4種類がある。オーダーメイドがもっとも高価である。逆に安価なのがプレタポルテだ。プレタクチュールは既存のドレスを体型に合わせて補正するが、いくつかのモデルデザインから選ぶので、セミオーダーより安上がりな傾向にある。レンタルドレスとセルドレスのプレタポルテでは、ほぼ価格差はない。何回も回転させて利益を上げなければならないレンタルドレスの元値は、しっかりとつくられているだけ、セルドレスよりも高額になる場合もある。レンタルの場合、白ドレスと色ドレスの2着で5万~30万円程度が必要だ。流行に人気商品が左右されるために適宜、新作のドレスを入れ、不人気のドレスを下げることも行なっている。レンタル需要が圧倒的なので、製造・販売を自前で行なう婚礼衣裳企業も、セルのほかにレンタルをラインナップに揃えるケースが多い。なお、白ドレスはデザイン性や縫製技術などからイタリア製が人気である。そうしたことから、イタリアのメーカーと提携し、その商品を販売またはレンタルする婚礼衣裳店も登場してきている。ホテルや結婚式場にテナントで入店している(インショップ)のは、たいていレンタルのドレスショップである。ウェディングドレスだけでなく、「神前式」や和装のコーディネートを望む新婦のために、和装も扱うことが、テナント入店の条件になっている。大手の婚礼衣裳企業では、テナントと路面店の2WAY展開をしているところもある。
一つにくくりきれない業界ブライダル
わが国の婚礼文化のはじまり
お色直しの歴史
大正天皇のご成婚から神前式
帝国ホテルで始まったホテルウェディング
教会式結婚式のはじまり
ウエディングドレスの発祥
結婚費用はどれくらい必要か
早婚・晩婚の2極化
結婚しない女性が増えるとどうなるか?
ジミ婚・デキ婚が与える影響
デキ婚が生んだ披露宴離れ
今の旬はオリジナルウェディング
ブライダル業界の産業構造
結婚式場としてのホテルの役割
結婚式場の役割
公共会館での結婚式について
結婚式プロデュース会社について
ハウスウェディング系企業について
結婚式においてのレストランの役割
海外ウェディングサービスについて
結婚情報サービス会社について
結婚式和装メーカー
婚礼衣装店について
結婚式としてのフラワーショップ
結婚式貴金属店について
結婚式においてのヘアメイク・エステサロン
ドレスを美しく着こなすためのボディケアとして利用
結婚式の写真・映像サービス
結婚式の引き出物演出小物業者
新婚旅行会社・代理店
新婚に役立つ家具・寝具メーカ
結婚式場を対象とするさまざまな業種
婚礼施設を手がける設計・建築業者
ウエディングプランナーの派遣業者
ブライダル業界の代表的企業
ハウスウェディングを一般語にした企業
ワタベウェディングについて
婚礼の藤田観光グループ
ハウスウェディングのパイオニア企業
ウェディング再生事業
ウェディングのトレンドを作った企業
ウェディングのポジティブ・ドリーム・パーソンズ
結婚式事業のメモリードグループ
日本初の総合結婚式場の明治記念館
ブライダルフェアとはなにか
日本最大のウェディング情報誌ゼクシィ
ブライダル産業新聞
ウェディングのインターネット広告
ウェディング業界向けセミナー
ブライダル業界の団体組織について
全国に広がるブライダルスクール
ブライダルスクールと専門学校の違い
ブライダル業界の主な資格
ウエディングプランナーという業種について
ウェディングスタイリストについて
結婚式料理人
結婚式のバンケットサービス
ブライダルヘアメイクコーディネーター
ブライダルフローリスト
結婚式の音響照明スタッフ
披露宴の司会者について
結婚式の介添えさんについて
進む結婚式の海外進出
海外ウェディングは
これから成長が望めるリゾートウエディング
ブライダル業界を襲う「2007年」問題
結婚式の和装復活の流れ
町興しウェディングイベント
ブライダルカフェというニュースメディア
花嫁ブログが起こすイノベーション
結婚式の持ち込み料への対応