結婚式としてのフラワーショップ~結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚式としてのフラワーショップ

花嫁花婿というように、結婚式に花はつきもの。新婦が持つ「ブーケ」と、新郎が胸に刺す「ブートニア」には、西洋古来のいわれがある。新婦が、プロポーズを受諾した証しとして、新郎から贈られたブーケから一輪の花を抜き取り、新郎の胸に飾るのである。ブーケやブートニアの他にも、花(フラワー)は、チャペルの「バージンロード」(ウェディングロード、またはアイル)の入り口、聖壇の両サイド、披露宴会場の卓上などに飾られる。花といっても生花を使用するので、もともと高価なうえに、ブーケともなると、数十本の中から一本(輪)を選りすぐるので、さらに高価となる。ブライダルにかかわるフラワーを提供するのは、ホテルや結婚式場などにテナントとして入るフラワーショップや、路面店、アーティスト系のフラワーデザイナー(フローリスト)などである。ブーケの場合、会場の壁の色やインテリアなどとともに、新婦のウェディングドレスと合うかが重要なので、フラワーショップやフラワーデザイナーは、衣裳が決まってから制作に取りかかる。高価なために通常は試作品をつくらない。当日か前日に新婦に。作品を見せ、そこで問題がなければ使用する時間まで冷蔵庫で保存される。もし、新婦が気に入らないようなことがあれば、大急ぎでっくり直しを余儀なくされる。中にはデッサンを描いて、事前に確認をとるところもある。ブーケには「キャスケード」など、さまざまな基本の型が存在する。最近、ブーケに「技術革新」が起きた。新婦の所作のたびに、自然に揺れるようになったのだ(それまでは花材はがっちり固定されていた)。この。揺れるブーケ・を考案したのは、桂由美氏のブライダルショーでフラワーデザインを担当するKAORUKO氏である。ブライダルのフラワー業者としては、日比谷花壇がトップ企業である。ホテルや結婚式場などにテナント展開している企業も数多く存在する。
一つにくくりきれない業界ブライダル
わが国の婚礼文化のはじまり
お色直しの歴史
大正天皇のご成婚から神前式
帝国ホテルで始まったホテルウェディング
教会式結婚式のはじまり
ウエディングドレスの発祥
結婚費用はどれくらい必要か
早婚・晩婚の2極化
結婚しない女性が増えるとどうなるか?
ジミ婚・デキ婚が与える影響
デキ婚が生んだ披露宴離れ
今の旬はオリジナルウェディング
ブライダル業界の産業構造
結婚式場としてのホテルの役割
結婚式場の役割
公共会館での結婚式について
結婚式プロデュース会社について
ハウスウェディング系企業について
結婚式においてのレストランの役割
海外ウェディングサービスについて
結婚情報サービス会社について
結婚式和装メーカー
婚礼衣装店について
結婚式としてのフラワーショップ
結婚式貴金属店について
結婚式においてのヘアメイク・エステサロン
ドレスを美しく着こなすためのボディケアとして利用
結婚式の写真・映像サービス
結婚式の引き出物演出小物業者
新婚旅行会社・代理店
新婚に役立つ家具・寝具メーカ
結婚式場を対象とするさまざまな業種
婚礼施設を手がける設計・建築業者
ウエディングプランナーの派遣業者
ブライダル業界の代表的企業
ハウスウェディングを一般語にした企業
ワタベウェディングについて
婚礼の藤田観光グループ
ハウスウェディングのパイオニア企業
ウェディング再生事業
ウェディングのトレンドを作った企業
ウェディングのポジティブ・ドリーム・パーソンズ
結婚式事業のメモリードグループ
日本初の総合結婚式場の明治記念館
ブライダルフェアとはなにか
日本最大のウェディング情報誌ゼクシィ
ブライダル産業新聞
ウェディングのインターネット広告
ウェディング業界向けセミナー
ブライダル業界の団体組織について
全国に広がるブライダルスクール
ブライダルスクールと専門学校の違い
ブライダル業界の主な資格
ウエディングプランナーという業種について
ウェディングスタイリストについて
結婚式料理人
結婚式のバンケットサービス
ブライダルヘアメイクコーディネーター
ブライダルフローリスト
結婚式の音響照明スタッフ
披露宴の司会者について
結婚式の介添えさんについて
進む結婚式の海外進出
海外ウェディングは
これから成長が望めるリゾートウエディング
ブライダル業界を襲う「2007年」問題
結婚式の和装復活の流れ
町興しウェディングイベント
ブライダルカフェというニュースメディア
花嫁ブログが起こすイノベーション
結婚式の持ち込み料への対応