ハウスウェディングを一般語にした企業~結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚式情報のヴェルジェウェディング

ハウスウェディングを一般語にした企業

98年10月、野尻佳孝氏(現・代表取締役)が仲間と東京・渋谷の数坪しかない賃貸マンションの一室で創業。それがテイクアンドギヴーニーズ(以下T&G)の始まりだった。以降は、0年2月にナスダックージャパン市場(現ヘラクレス市場)へ上場、04年2月に東証第二部へ上場、そして06年3月には東証第一部へ上場と、7年6か月の短期間に、他業種でも類を見ない(イスピードで急成長を遂げ、一躍ブライダル業界の代表的な企業となった。同社の功績は、ハウスウェディングという新しい結婚式のスタイルを広めたことと、いまでは全国の婚礼施設で行なわれるようになった。サプライズ・演出を流行させたことである。ハウスウェディングのコンセプトは「欧米映画のワンシーンのように、時間と空間を独占できるウェディング」完全貸切と邸宅風スペースに加えて、自分たちだけのオリジナルウェディング”100組の新郎新婦がいれば100通りのウェディングをウェディングプランナーが新郎新婦とともにつくり上げるが、既存のホテル・結婚式場との差別化につながり、。T&Gブランドを浸透させることとなった。06年8月現在で、日本全国に直営のハウスウェディング会場が48店舗あり、そして提携するレストラン(レストランウェディング会場)3店舗ともどもに、ウェディングプロデュース業を展開している。その他にも、子会社によるブライダル融資事業や旅行事業、ネットによる生活総合サイトの運営、関連会社による海外挙式事業など結婚関連事業にも着手している。06年3月からは生活総合産業への進出第一弾として、美容事業も新たにスタートさせた。同社がここまで成長できた理由として、まず既存の式場業者の施設とは違う、新時代に対応した施設、ハウスウエディングを中心に店舗展開を行なったことが挙げられる。ハウス系企業の元祖という意味では、先行する他社があるが、短期間に集中して出店したことでハウスウェディングのT&G」という評価を獲得した。また、そのハウスウェディング自体も、適齢期層の若者の潜在ニーズを掘り起こし、それをデザインして売り出したことで”新たな市場を創造”したのである。欧米の邸宅をイメージした施設内に、チャペルとバンケット、そして新郎新婦やゲストの控え室など、挙式・披露宴に必要なすべての設備を揃える。結婚式当日、新郎新婦には自宅のように利用してもらい、そこにゲストたちを招いて、アットホームなパーティを催すという物語性を付加した点が人気の秘密である。プライベート感覚を味わってもらえるように、時間を区切って敷地内を完全貸切にすることで、新郎新婦や出席者たちの満足度も高められる。すべてのハウスウェディング会場で日2組までの限定使用としているのは、そうしたコンセプトに基づいたものである。また、「カリスマプランナー」と呼ばれる有賀明美氏をはじめとする全店舗のウェディングプランナーが、新規接客から当日のサポートまで一貫して組の新郎新婦を担瓲するシステムは、顧客満足度をアップさせるとともに、内容の濃いプランニングとその実現を支えている。幹部候補生もすべてプランナーを経験することになっている。教育・研修によって優秀なプランナーを育て、その人材が他のハウス会場との差別化となるとの考えからだ。T&Gが全国に展開する主なハウスウェディングの店舗は、チャペルーバンケットか、2チャペル2バンケットの2種類に分けられる。他のハウス系企業ではチャペル2バンケット制を採用する企業もあるが、T&Gでは組の新郎新婦につのチャペルとつのバンケットと、あくまで。完全貸切・にこだわる。これは、顧客満足度の確保もあるが、他社のハウス施設との差別化のためでもある。05年7月に、結婚に関わる目的融資事業会社を設立した。結婚式の費用を分割払いで利用できるファイナンスサービスで、T&Gの全店舗および提携する結婚式場などで利用できる。最大で300万円の融資が受けられ、分割手数料も大手銀行のクレジットローン並みに抑えられている点から利用者が増えている。一方で、提携を結ぶ式場にとっては確実に資金を回収できる。貸し倒れのリスク防止のほか、料金受け取り時の内部処理の煩雑さも解消できる。
一つにくくりきれない業界ブライダル
わが国の婚礼文化のはじまり
お色直しの歴史
大正天皇のご成婚から神前式
帝国ホテルで始まったホテルウェディング
教会式結婚式のはじまり
ウエディングドレスの発祥
結婚費用はどれくらい必要か
早婚・晩婚の2極化
結婚しない女性が増えるとどうなるか?
ジミ婚・デキ婚が与える影響
デキ婚が生んだ披露宴離れ
今の旬はオリジナルウェディング
ブライダル業界の産業構造
結婚式場としてのホテルの役割
結婚式場の役割
公共会館での結婚式について
結婚式プロデュース会社について
ハウスウェディング系企業について
結婚式においてのレストランの役割
海外ウェディングサービスについて
結婚情報サービス会社について
結婚式和装メーカー
婚礼衣装店について
結婚式としてのフラワーショップ
結婚式貴金属店について
結婚式においてのヘアメイク・エステサロン
ドレスを美しく着こなすためのボディケアとして利用
結婚式の写真・映像サービス
結婚式の引き出物演出小物業者
新婚旅行会社・代理店
新婚に役立つ家具・寝具メーカ
結婚式場を対象とするさまざまな業種
婚礼施設を手がける設計・建築業者
ウエディングプランナーの派遣業者
ブライダル業界の代表的企業
ハウスウェディングを一般語にした企業
ワタベウェディングについて
婚礼の藤田観光グループ
ハウスウェディングのパイオニア企業
ウェディング再生事業
ウェディングのトレンドを作った企業
ウェディングのポジティブ・ドリーム・パーソンズ
結婚式事業のメモリードグループ
日本初の総合結婚式場の明治記念館
ブライダルフェアとはなにか
日本最大のウェディング情報誌ゼクシィ
ブライダル産業新聞
ウェディングのインターネット広告
ウェディング業界向けセミナー
ブライダル業界の団体組織について
全国に広がるブライダルスクール
ブライダルスクールと専門学校の違い
ブライダル業界の主な資格
ウエディングプランナーという業種について
ウェディングスタイリストについて
結婚式料理人
結婚式のバンケットサービス
ブライダルヘアメイクコーディネーター
ブライダルフローリスト
結婚式の音響照明スタッフ
披露宴の司会者について
結婚式の介添えさんについて
進む結婚式の海外進出
海外ウェディングは
これから成長が望めるリゾートウエディング
ブライダル業界を襲う「2007年」問題
結婚式の和装復活の流れ
町興しウェディングイベント
ブライダルカフェというニュースメディア
花嫁ブログが起こすイノベーション
結婚式の持ち込み料への対応