ワタベウェディングについて~結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚式情報のヴェルジェウェディング

ワタベウェディングについて

かつては海外ウエディングのワタベと称されることが多かったワタベウェディング。04年に東証・大証一部上場を果たし、いまやブライダル業界を牽引するリーディングカンパニー、婚礼の総合企業に成長している。店舗は全国52か所に及ぶ。設立は64年。京都の貸衣裳店からスタートし、団塊世代の結婚ブームで事業基盤を築いた。73年にはハワイへ進出。ホノルルに海外ウェディングの拠点を設け、初年度にいきなり1000組の実績を上げた。海外で結婚式を挙げることが珍しかった時代に、同社はいち早くハワイに支社を置き、海外ウェディングマーケットを大きく育ててきた。現在も、海外ウェディングではナンバー1企業だ。ハワイに出店した理由について、「海外ウェディングの将来性とともに、団塊の世代後の出生数減(少子化)に備える目的もあった」と渡部隆夫社長は語っている。ハワイ支社を軌道に乗せた後、イギリス、アメリカ本土、カナダ、オーストラリア、グァムなど、その他のディスティネーション(旅行目的地)にもサービスの拠点となる営業所(子会社)をつくった。その結果、10か国37か所に海外拠点を持つまでに至っている。並行して、販売衣裳を中心にドレスショップを出店。旗艦ショップの『東京グランドプラザ』『横浜グランドプラザ』など、国内に56のショップを展開中だ。中国・上海では、93年にウェディングドレスの生産を始め(ベトナムなどにも生産拠点を置き、低コストでの生産体制を確保)、その後、現地のユーザー(結婚予定のカップル)を対象に写真スタジオも設立。本格的な婚礼衣裳の販売&レンタルを手がけるようになる。04年には『オークラーガーデンホテル上海』と業務提携、総合挙式事業へと拡大している。上海への出店もまた、国内市場の少子化などによる近未来のマーケット縮小を見据えた戦略であり、それは73年にハワイへ進出したケースと変わっていない。こうして、海外ウェディングと婚礼衣裳の販売&レンタルの2本柱で急成長した同社だが、。転機・となる事件が起きる。アメリカ同時多発テロだ。テロによる海外ウェディングのキャンセルが相次いだため、国内挙式への比重を高めていくことになる。その象徴が、最近にわかに注目を集める沖縄リゾートウェディングの開発。いまでは沖縄は軽井沢と並ぶ国内リゾート挙式エリアになっている。日本人カップル向けの挙式場も全国各地に開設、運営にも乗り出している。その他、東京の老舗結婚式場『目黒雅叙園』の買収。さらに、京都5寺社での挙式を組み合わせた婚礼プランとともに利用できる京懐石ダイニングレストラン『桜鶴苑』をオープンしたり、日本初となる和装婚礼衣裳やレンタルドレスのカタログ通販事業をスタートさせるといった、旺盛な企業活動を見せている。最近、ウェディングプロデュース会社などによる海外ウェディング事業への進出が続いているが、市場占有率では同社が5割近くに及ぶといわれる。前述したように、このマーケットは同社が開拓し拡大させてきたもの。シェアトップも当然だろう。他社も多く進出する(ワイ以外は、ダントツのシェアといっていい。なお、(ワイに続く第2の挙式スポットとして定着したグァムーサイパンの需要を掘り起こしたのも同社である。前述の中国・上海と同様、海外拠点(子会社)はいずれも現地のカップルを対象に経営している。婚礼施設では婚礼衣裳がセットになったフォトプラン(婚礼写真)に力を入れている。飲食サービスは、基本的に周辺の提携先ホテルやレストランを紹介(外注)するスタイルを採っている。その理由は挙式重視の経営姿勢にある。。セレモニー・を重視し、飲食サービスはあくまで付帯サービス、オプション扱いなのだ。しかし、飲食サービス以外の衣裳、美容、写真などはすべて自前で提供する。同社のつくり上げた飲食サービスの売上に依存しないビジネスモデルは、結婚披露宴の招待人数の減少に悩む他の式場業者の手本といえる。なお、海外の教会の運営などから得た挙式施設のデザインや設計ノウハウを、国内の施設にフィードバックしているのも強みだ。04年に出店した『神戸北野サッスーン邸』のようなハウスウェディング施設も持つ。06年0月には、東京の日比谷公園にある「旧・公園資料館」をリニューアルした「フェリーチェガーデン日比谷」が、新たな挙式施設としてオープンする予定だ。
一つにくくりきれない業界ブライダル
わが国の婚礼文化のはじまり
お色直しの歴史
大正天皇のご成婚から神前式
帝国ホテルで始まったホテルウェディング
教会式結婚式のはじまり
ウエディングドレスの発祥
結婚費用はどれくらい必要か
早婚・晩婚の2極化
結婚しない女性が増えるとどうなるか?
ジミ婚・デキ婚が与える影響
デキ婚が生んだ披露宴離れ
今の旬はオリジナルウェディング
ブライダル業界の産業構造
結婚式場としてのホテルの役割
結婚式場の役割
公共会館での結婚式について
結婚式プロデュース会社について
ハウスウェディング系企業について
結婚式においてのレストランの役割
海外ウェディングサービスについて
結婚情報サービス会社について
結婚式和装メーカー
婚礼衣装店について
結婚式としてのフラワーショップ
結婚式貴金属店について
結婚式においてのヘアメイク・エステサロン
ドレスを美しく着こなすためのボディケアとして利用
結婚式の写真・映像サービス
結婚式の引き出物演出小物業者
新婚旅行会社・代理店
新婚に役立つ家具・寝具メーカ
結婚式場を対象とするさまざまな業種
婚礼施設を手がける設計・建築業者
ウエディングプランナーの派遣業者
ブライダル業界の代表的企業
ハウスウェディングを一般語にした企業
ワタベウェディングについて
婚礼の藤田観光グループ
ハウスウェディングのパイオニア企業
ウェディング再生事業
ウェディングのトレンドを作った企業
ウェディングのポジティブ・ドリーム・パーソンズ
結婚式事業のメモリードグループ
日本初の総合結婚式場の明治記念館
ブライダルフェアとはなにか
日本最大のウェディング情報誌ゼクシィ
ブライダル産業新聞
ウェディングのインターネット広告
ウェディング業界向けセミナー
ブライダル業界の団体組織について
全国に広がるブライダルスクール
ブライダルスクールと専門学校の違い
ブライダル業界の主な資格
ウエディングプランナーという業種について
ウェディングスタイリストについて
結婚式料理人
結婚式のバンケットサービス
ブライダルヘアメイクコーディネーター
ブライダルフローリスト
結婚式の音響照明スタッフ
披露宴の司会者について
結婚式の介添えさんについて
進む結婚式の海外進出
海外ウェディングは
これから成長が望めるリゾートウエディング
ブライダル業界を襲う「2007年」問題
結婚式の和装復活の流れ
町興しウェディングイベント
ブライダルカフェというニュースメディア
花嫁ブログが起こすイノベーション
結婚式の持ち込み料への対応