ハウスウェディングのパイオニア企業~結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚式情報のヴェルジェウェディング

ハウスウェディングのパイオニア企業

05年4月に「ウェディングス」から現社名の「ラヴィス」に変更した同社は、もともとブライダル情報誌の制作やコンサルティング業を手がける企業だった(02年にAOKIホールディングスの子会社となっている)。94年、これまでの結婚式のあり方とユーザー(結婚予定のカップル)の意識の違いに着目。その後、東京都立川市の再開発地域に『ルーデンス立川ウェディングビレッジ』を立ち上げた。同施設のオープンは97年。当時としては斬新な3つの異なゐ趣の邸宅風バンケットと、それぞれに併設されたガーデン、そして施設の中心に位置する独立型のチャペルという概要である。実はこの施設の誕生が、ハウスウェディングの起源でもある。同施設は初年度から400組以上の婚礼組数を獲得する。この成功を受けて、10年に『パルティーレ大宮ウェディングビレッジ』(さいたま市)を、翌02年に「東京臨海副都心開発プロジェクト」の一環として『パルティーレ東京ベイウェディングビレッジ』(東京都江東区)を出店。03年にも『パルティーレ福岡ウェディングビレッジ』(福岡市)を出店し、九州エリアに進出した。その後、『アニヴェルセルヴィラヨコハマ』を『パルティーレ横浜ウェディングビレッジ』(横浜市)とし、直営店に加えるなど急成長。いまや直営10店舗(うち神戸と大阪の2店舗は06年9月と0月にそれぞれオープン予定)の展開を果たしている。同社の手がけるハウスウェディング施設は、『ルーデンス立川ウェディングビレッジ』以降、ヨーロッパ風の教会を中心とした街にさまざまな建物が広がるというコンセプトでつくられている。いずれも、ヨーロッパ諸国をイメージした邸宅と、花と緑のあふれるプライベートガーデンで構成されている。チャペル3バンケットを基本に、イタリア館、イギリス館、フランス館など、建物ごとにテイストを変えた設計&インテリアのスタイルは、いまでこそ地方に類似の施設が出現しているが、ラヴィスがそのご先祖なのである。ウェディングの内容面はどうか。ウリは、併設のガーデンを利用したオリジナル性の高い披露宴パーティを提供していること。貸し切り感覚を大切にするため、ガーデンの入口は個別のものを設けている。02年2月にリニューアルした『アニヴェルセル表参道』は、チャペルは他の施設と同様に独立型だが、バンケットはビルインタイプ、フロアを貸し切るハウスウェディングスタイルで人気だ(この施設以外は、ウェディングビレッジか、パルティーレ迎賓館のいずれかとなる)。一方で、小規模用地でも出店可能なハウスウェディング施設として、館内型のチャペルにバンケット2会場をセットにした。迎賓館・スタイルを考案。05年5月に『パルティーレ長野迎賓館』(長野市)を出店した。同施設のコンセプトは、ヨーロッパのリゾート地にあるセレブの邸宅である。この”パルティーレ迎賓館”の館内チャペルと2バンケット制は、今後の全国展開のための新たな戦略である。狭い敷地面積でも、2バンケット制であれば、貸し切り感覚を維持できるという理由からだ。02年4月にオープンした約4000坪の面積を持つハウスウェディング施設。ここでは、年間700組前後の婚礼実績がある。凱旋門のアーケードからスクエアと呼ばれる街中に入ると、カフェやレストラン、ギフトショップ、フラワーショップなどが建ち並ぶストリートがある。そして、広い噴水広場から独立型のチャペルへとつながる。挙式後に鐘が鳴り響く中、噴水広場で、チャペルの階段から降りてくる新郎新婦をフラワーシャワーで祝福したり、ブーケトスやバルーンリリースなどの演出が可能だ。イタリア、フランス、イギリスの3つの邸宅は、それぞれが専用のガーデン付きの独立した建物になっている。ガーデンの広さはほぼバンケットと同じ。ここはデザートブッフェなどで利用される。最近リニューアルが行なわれ、フランス館には、新郎新婦が入退場の演出に使用できる大階段が新設された。05年に出店した。パルティーレ迎賓館・ブランドの号店である。新幹線長野駅の善光寺口から徒歩5分圏内という好立地にある地上3階地下階建てのハウスウェディング施設で、3階の館内型チャペルは、天井の高さやウェディングロードの長さ、横幅の広さなどから、館内型でありながら見映えのするセレモニースペースを実現している。挙式後、ガラス張りのアトリウムで、大階段を降りてくる新郎新婦へのフラワーシャワーが可能だ。テイストの異なる2つのバンケットがある。―階のバンケットはガーデン付き。新郎新婦専用の控室、ゲストロビー、親族控室など、付帯設備は充実している。
一つにくくりきれない業界ブライダル
わが国の婚礼文化のはじまり
お色直しの歴史
大正天皇のご成婚から神前式
帝国ホテルで始まったホテルウェディング
教会式結婚式のはじまり
ウエディングドレスの発祥
結婚費用はどれくらい必要か
早婚・晩婚の2極化
結婚しない女性が増えるとどうなるか?
ジミ婚・デキ婚が与える影響
デキ婚が生んだ披露宴離れ
今の旬はオリジナルウェディング
ブライダル業界の産業構造
結婚式場としてのホテルの役割
結婚式場の役割
公共会館での結婚式について
結婚式プロデュース会社について
ハウスウェディング系企業について
結婚式においてのレストランの役割
海外ウェディングサービスについて
結婚情報サービス会社について
結婚式和装メーカー
婚礼衣装店について
結婚式としてのフラワーショップ
結婚式貴金属店について
結婚式においてのヘアメイク・エステサロン
ドレスを美しく着こなすためのボディケアとして利用
結婚式の写真・映像サービス
結婚式の引き出物演出小物業者
新婚旅行会社・代理店
新婚に役立つ家具・寝具メーカ
結婚式場を対象とするさまざまな業種
婚礼施設を手がける設計・建築業者
ウエディングプランナーの派遣業者
ブライダル業界の代表的企業
ハウスウェディングを一般語にした企業
ワタベウェディングについて
婚礼の藤田観光グループ
ハウスウェディングのパイオニア企業
ウェディング再生事業
ウェディングのトレンドを作った企業
ウェディングのポジティブ・ドリーム・パーソンズ
結婚式事業のメモリードグループ
日本初の総合結婚式場の明治記念館
ブライダルフェアとはなにか
日本最大のウェディング情報誌ゼクシィ
ブライダル産業新聞
ウェディングのインターネット広告
ウェディング業界向けセミナー
ブライダル業界の団体組織について
全国に広がるブライダルスクール
ブライダルスクールと専門学校の違い
ブライダル業界の主な資格
ウエディングプランナーという業種について
ウェディングスタイリストについて
結婚式料理人
結婚式のバンケットサービス
ブライダルヘアメイクコーディネーター
ブライダルフローリスト
結婚式の音響照明スタッフ
披露宴の司会者について
結婚式の介添えさんについて
進む結婚式の海外進出
海外ウェディングは
これから成長が望めるリゾートウエディング
ブライダル業界を襲う「2007年」問題
結婚式の和装復活の流れ
町興しウェディングイベント
ブライダルカフェというニュースメディア
花嫁ブログが起こすイノベーション
結婚式の持ち込み料への対応