日本初の総合結婚式場の明治記念館~結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚式情報のヴェルジェウェディング

日本初の総合結婚式場の明治記念館

日本初の総合結婚式場として947(昭和22)年にオープンしたのが、東京・元赤坂にある明治記念館である。07年で開館60周年を迎え、婚礼組数が07年2月頃にはトータル9万組に達する見込み。団塊の世代が結婚した70年代のピーク時には、5000組のカップルの婚礼を手がけ、少子化・披露宴離れといわれる現在においても、コンスタントに年2000~2500組の婚礼を同館は獲得している。明治記念館は、もともと明治4年に赤坂に仮御所を設けられた際に別殿として立てられた会食所だった。帝国憲法草案審議の場として供されたことから、憲法記念館(現在の本館部分)となった(本館にいまも残る車寄せはVPを迎える玄関としても利用されている)。この憲法記念館が三愛商事(株)の協力のもと「明治記念館」の名称で総合結婚式場としてオープン。88年に大がかりな増改築工事の結果、新しいエントランスができる。この年から、総合記念事業体としての新スタートを切った。現在では当たり前になった生ケーキだが、イミテーションのケーキ全盛の時代に、専門式場としてすべてを生ケーキにしたのが明治記念館である。同館では『ストーリー・アートケーキ』と名づけている。カップルの出会いや共通の趣味をテーマに、専属のパティシエがっくり上げるオリジナルの生ケーキの元祖なのだ。また、明治大正レトロ調の黒引き振袖の花嫁イメージをいち早く打ち出したのも明治記念館である。遡れば、新郎新婦による両親への花束贈呈も、結婚式場としては同館が最初に取り入れた演出だ。明治記念館はその時代ごとにトレントを発信してきた先取の思想性を持つ。その経営母体は明治神宮という宗教法人である。したがって、挙式スタイルも神前式が中心となる(希望により人前式も実施する)。いま教会式への希望が圧倒的な状況の中で、年2000~2500組の婚礼を受注しているのは、一つにはトレントリーダーであり、もう一つは開館以来、ブライダルに対する軸がぶれない安心感がユーザー(結婚予定のカップル)に認知されていることがあるからだろう(同館のスタッフは。明治記念館らしさ・と表現している)。明治記念館では、明治神宮と、館内の2つの儀式殿(右殿、左殿)で挙式が可能。明治神宮での挙式は、参進という神社ならではのセレモニーがある。館内の儀式殿での挙式は、ともに雅楽の生演奏、巫女の舞がある本格的なセレモニーである。敷地の総面積は3万234平方メートル(約万坪)あり、都心にある芝生の庭園は珍しく、婚礼フォトの撮影場所として利用されている。バンケットは、20~454名まで着席で収容できる大小6の会場を持つ。庭から入退場できる会場もあるので演出面で個性的な表現が可能だ。レストランウェディングも行なっている。02年にスタート。結婚式場がフルオーダーメイドのウェディングを積極的に勧めるプランということで話題になった。また、黒引き振袖をイメージに使用した、スタイリッシュな。和・のウェディングスタイル『新祝言きらら』は、。笑わない花嫁を広告に使用し、「嫁ぐ女性の決意を表現してかっこいい」との評判を得た。料理は、室町時代より武家に伝わる袱紗料理を「きらら」流に創作した祝い膳、伝統的なフランス料理のどちらかを選べる。朱塗りの器に旬の味覚を盛り付けた祝い膳と、会場コーディネートに四季の移り変わりを花鳥風月のイメージで展開し、伝統的な。和・の世界を現代風にアレンジして人気となっている。婚礼衣裳は、同館オリジナルの白無垢がある。また、薄い生地でできている夏物の和装のラインナップを充実させるなど、。和にこだわる花嫁のニーズに応えている。60周年記念の会場リニューアルも行なわれ、ラウンジ『knkel』をペースに現代風の和テイストを加えたバンケットを06年秋にオープンする。和洋中のレストランやパティスリー、現在の本館部分に位置するラウンジ『knkel』などを運営する明治記念館調理室と、旅行業、貸衣裳業、和洋菓子販売を手がけるセラン、披露宴・パーティの配膳スタッフが所属するマンネットを子会社に持つ。
一つにくくりきれない業界ブライダル
わが国の婚礼文化のはじまり
お色直しの歴史
大正天皇のご成婚から神前式
帝国ホテルで始まったホテルウェディング
教会式結婚式のはじまり
ウエディングドレスの発祥
結婚費用はどれくらい必要か
早婚・晩婚の2極化
結婚しない女性が増えるとどうなるか?
ジミ婚・デキ婚が与える影響
デキ婚が生んだ披露宴離れ
今の旬はオリジナルウェディング
ブライダル業界の産業構造
結婚式場としてのホテルの役割
結婚式場の役割
公共会館での結婚式について
結婚式プロデュース会社について
ハウスウェディング系企業について
結婚式においてのレストランの役割
海外ウェディングサービスについて
結婚情報サービス会社について
結婚式和装メーカー
婚礼衣装店について
結婚式としてのフラワーショップ
結婚式貴金属店について
結婚式においてのヘアメイク・エステサロン
ドレスを美しく着こなすためのボディケアとして利用
結婚式の写真・映像サービス
結婚式の引き出物演出小物業者
新婚旅行会社・代理店
新婚に役立つ家具・寝具メーカ
結婚式場を対象とするさまざまな業種
婚礼施設を手がける設計・建築業者
ウエディングプランナーの派遣業者
ブライダル業界の代表的企業
ハウスウェディングを一般語にした企業
ワタベウェディングについて
婚礼の藤田観光グループ
ハウスウェディングのパイオニア企業
ウェディング再生事業
ウェディングのトレンドを作った企業
ウェディングのポジティブ・ドリーム・パーソンズ
結婚式事業のメモリードグループ
日本初の総合結婚式場の明治記念館
ブライダルフェアとはなにか
日本最大のウェディング情報誌ゼクシィ
ブライダル産業新聞
ウェディングのインターネット広告
ウェディング業界向けセミナー
ブライダル業界の団体組織について
全国に広がるブライダルスクール
ブライダルスクールと専門学校の違い
ブライダル業界の主な資格
ウエディングプランナーという業種について
ウェディングスタイリストについて
結婚式料理人
結婚式のバンケットサービス
ブライダルヘアメイクコーディネーター
ブライダルフローリスト
結婚式の音響照明スタッフ
披露宴の司会者について
結婚式の介添えさんについて
進む結婚式の海外進出
海外ウェディングは
これから成長が望めるリゾートウエディング
ブライダル業界を襲う「2007年」問題
結婚式の和装復活の流れ
町興しウェディングイベント
ブライダルカフェというニュースメディア
花嫁ブログが起こすイノベーション
結婚式の持ち込み料への対応