ウェディング業界向けセミナー~結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚式情報のヴェルジェウェディング

ウェディング業界向けセミナー

YahooやGoogleといったインターネットの検索エンジンで、たとえば「ブライダル」「セミナー」のキーワードで検索すると、それらに関係するサイトが何万件もヒットする。このことは、ブライダル業界にセミナー開催のマーケット、つまり、それだけコンサルティングやアドバイスを受けたいというブライダル企業のニーズが存在する証しといえる。実際にブライダル業界では、毎月のようにセミナーや講習会が開かれている。こうしたセミナーの種類を大別すると、①成功した経営者などによる経営手法に関する講演・講習会、②ウェディングプランナーや「婚礼課」の社員(いずれも課長クラス)を対象にしたスキルアップのためのセミナー、③学生や転職希望者を対象とした就職セミナー、となる。これらのうち、③は、相手が若年層ということもあり、参加費は3000円から高くても5000円程度のもの。しかし、①②については食事がつくケースもあり、1万5000円から、中には4万円近いものもある。参加者の多くは業界内の現役社員であり、参加費を出すのは彼らの所属する企業である。経営陣は、自社の優秀な人材に投資することで、収益に貢献してほしいと考えているからだ。また、経営陣自らも、流行に左右されやすく、長年同じ事業手法をとり続けるのが困難なブライダル業界の厳しさを知悉しているだけに、常に新しい考え方や手法をもって自社を活況化させようと考えている。その結果、セミナー講習会への参加が多くなるというわけだ。こうしたセミナーでは、講師により「勝ち組」「負け組」という言葉が多用される。いかにして「勝ち組」に入れるかが、自社の明暗を分かつため、参加者はみな真剣である。いくら参加費が高くても、参加しないことで失うビジネスチャンスの痛手のほうが大きいとばかりに、講師の話を熱心に聞いている。結婚式場業は、組の婚礼で300万円近い金額が動く業界なので、異業種から新規参入をうかがう企業の幹部なども、こうしたセミナーには積極的に参加している。また、セミナー後の懇親の席から新しいビジネスパートナーを得るなど、人脈づくりにも利用されている。
一つにくくりきれない業界ブライダル
わが国の婚礼文化のはじまり
お色直しの歴史
大正天皇のご成婚から神前式
帝国ホテルで始まったホテルウェディング
教会式結婚式のはじまり
ウエディングドレスの発祥
結婚費用はどれくらい必要か
早婚・晩婚の2極化
結婚しない女性が増えるとどうなるか?
ジミ婚・デキ婚が与える影響
デキ婚が生んだ披露宴離れ
今の旬はオリジナルウェディング
ブライダル業界の産業構造
結婚式場としてのホテルの役割
結婚式場の役割
公共会館での結婚式について
結婚式プロデュース会社について
ハウスウェディング系企業について
結婚式においてのレストランの役割
海外ウェディングサービスについて
結婚情報サービス会社について
結婚式和装メーカー
婚礼衣装店について
結婚式としてのフラワーショップ
結婚式貴金属店について
結婚式においてのヘアメイク・エステサロン
ドレスを美しく着こなすためのボディケアとして利用
結婚式の写真・映像サービス
結婚式の引き出物演出小物業者
新婚旅行会社・代理店
新婚に役立つ家具・寝具メーカ
結婚式場を対象とするさまざまな業種
婚礼施設を手がける設計・建築業者
ウエディングプランナーの派遣業者
ブライダル業界の代表的企業
ハウスウェディングを一般語にした企業
ワタベウェディングについて
婚礼の藤田観光グループ
ハウスウェディングのパイオニア企業
ウェディング再生事業
ウェディングのトレンドを作った企業
ウェディングのポジティブ・ドリーム・パーソンズ
結婚式事業のメモリードグループ
日本初の総合結婚式場の明治記念館
ブライダルフェアとはなにか
日本最大のウェディング情報誌ゼクシィ
ブライダル産業新聞
ウェディングのインターネット広告
ウェディング業界向けセミナー
ブライダル業界の団体組織について
全国に広がるブライダルスクール
ブライダルスクールと専門学校の違い
ブライダル業界の主な資格
ウエディングプランナーという業種について
ウェディングスタイリストについて
結婚式料理人
結婚式のバンケットサービス
ブライダルヘアメイクコーディネーター
ブライダルフローリスト
結婚式の音響照明スタッフ
披露宴の司会者について
結婚式の介添えさんについて
進む結婚式の海外進出
海外ウェディングは
これから成長が望めるリゾートウエディング
ブライダル業界を襲う「2007年」問題
結婚式の和装復活の流れ
町興しウェディングイベント
ブライダルカフェというニュースメディア
花嫁ブログが起こすイノベーション
結婚式の持ち込み料への対応