ブライダルヘアメイクコーディネーター~結婚式情報のヴェルジェウェディング

結婚式情報のヴェルジェウェディング

ブライダルヘアメイクコーディネーター

ブライダル業界において、国家資格が必要な職種の代表格が「ヘアーメイクコーディネーター(ブライダル美容師)」だ。専門学校などの養成施設で2年(昼間・夜間)以上修学しかつ国家試験を受験して合格しなければ、この職業に就くことができない(合格後に免許が申請される)。国家試験にはもちろん実技もあるため、その方面の才能のない人は合格するのがむずかしい。この職業に就く際には、免許の保持が前提条件となっている。実は婚礼用のヘアーメイクは、全国にある路面店の美容室(サロン)でもできないことはない。しかし同じ「美容」でも、ブライダルは特殊な専門分野。ブライダル事業に特化した美容室、美容企業に就職するのが一般的だ。婚礼施設にはたいてい美容室のテナントが入っている。大都市圏にある路面店の中にも、婚礼、用のヘアーメイクを行なっている店舗はあるが、ブライダルの専門職として活躍しているのは、ほとんどテナントに勤めるヘアーメイクコーディネーターであるといってよい。結婚式の本番が集中する土日は、目の回るほどの忙しさだ。挙式前のヘアーメイクと着付け、披露宴の間に色直し、そして修了後のメイク落とし、二次会用のメイク…。ひとりの新婦だけで、こんなに手間がかかる。しかも、担当する新婦はひとりだけではない。複数のバンケットを持ち、同時に何組も結婚式・披露宴を行なうホテルや結婚式場で活躍するヘアーメイクコーディネーターは、昼ご飯どころか、トイレにさえ行けなかったりする。この点、日に2組までと限定しているハウスウェディング施設のヘアーメイクコーディネーターはまだ恵まれているほうといえる。「ヘッドドレス」は、(ドレス)スタイリストが婚礼衣裳に合わせて決めるが、ヘアとのマッチングアレンジを施すのはヘアーメイクコーディネーターである。当日の~2か月前、婚礼衣裳が決まればリ(サルメイクを行ない、そこで新婦の希望と当日に向けてのアウトラインをつかむ。当日の1~2週間前には、本番と同じメイクを施し、新婦の希望にかなえばあとは再現する作業となる。立ち仕事なので、かなりの体力を使うし、目の回る忙しさから、ヘアーメイクコーディネーターには若い独身女性が少なくないようだ。また、時に新婦の不安や緊張をほぐすよき話し相手にもなれることも、資質の一つとして必要といえる。
一つにくくりきれない業界ブライダル
わが国の婚礼文化のはじまり
お色直しの歴史
大正天皇のご成婚から神前式
帝国ホテルで始まったホテルウェディング
教会式結婚式のはじまり
ウエディングドレスの発祥
結婚費用はどれくらい必要か
早婚・晩婚の2極化
結婚しない女性が増えるとどうなるか?
ジミ婚・デキ婚が与える影響
デキ婚が生んだ披露宴離れ
今の旬はオリジナルウェディング
ブライダル業界の産業構造
結婚式場としてのホテルの役割
結婚式場の役割
公共会館での結婚式について
結婚式プロデュース会社について
ハウスウェディング系企業について
結婚式においてのレストランの役割
海外ウェディングサービスについて
結婚情報サービス会社について
結婚式和装メーカー
婚礼衣装店について
結婚式としてのフラワーショップ
結婚式貴金属店について
結婚式においてのヘアメイク・エステサロン
ドレスを美しく着こなすためのボディケアとして利用
結婚式の写真・映像サービス
結婚式の引き出物演出小物業者
新婚旅行会社・代理店
新婚に役立つ家具・寝具メーカ
結婚式場を対象とするさまざまな業種
婚礼施設を手がける設計・建築業者
ウエディングプランナーの派遣業者
ブライダル業界の代表的企業
ハウスウェディングを一般語にした企業
ワタベウェディングについて
婚礼の藤田観光グループ
ハウスウェディングのパイオニア企業
ウェディング再生事業
ウェディングのトレンドを作った企業
ウェディングのポジティブ・ドリーム・パーソンズ
結婚式事業のメモリードグループ
日本初の総合結婚式場の明治記念館
ブライダルフェアとはなにか
日本最大のウェディング情報誌ゼクシィ
ブライダル産業新聞
ウェディングのインターネット広告
ウェディング業界向けセミナー
ブライダル業界の団体組織について
全国に広がるブライダルスクール
ブライダルスクールと専門学校の違い
ブライダル業界の主な資格
ウエディングプランナーという業種について
ウェディングスタイリストについて
結婚式料理人
結婚式のバンケットサービス
ブライダルヘアメイクコーディネーター
ブライダルフローリスト
結婚式の音響照明スタッフ
披露宴の司会者について
結婚式の介添えさんについて
進む結婚式の海外進出
海外ウェディングは
これから成長が望めるリゾートウエディング
ブライダル業界を襲う「2007年」問題
結婚式の和装復活の流れ
町興しウェディングイベント
ブライダルカフェというニュースメディア
花嫁ブログが起こすイノベーション
結婚式の持ち込み料への対応